講師紹介

 

院長  島田 智史(しまだ さとし)

 

鍼灸師(はり師・きゅう師)

 

 

 

 

 

 

早稲田医療専門学校(現:人間総合科学大学鍼灸医療専門学校)卒業

Southern California University of Health Sciences(旧称:Los Angels

collage of Chiropractic)臨床解剖研修終了

 

老中医(中国医師のなかでも達人と呼ばれる存在)の一人である賀晋仁(が ふじん)老師のご子息、賀偉氏に師事

現在も定期的に鍼灸技術・治療方法などの指導を受けている。

 

東京都内にある病院(クリニック)のリハビリテーション科に勤務した後、横浜・馬車道に鍼灸治療スタジオ「専心良治」を開設。

2010年6月より東京港区に「専心良治」を移転。

 

病院勤務時代に、内科・整形外科的な疾患の鍼灸治療を数多く経験

不眠、むねやけ、事故によるむち打ち、ギックリ腰、テニス肘、RA(関節リウマチ)、寝違え、腱鞘炎、膝痛、五十肩(肩関節周囲炎)、肉離 れ、足裏の痛み、足のけいれん  他多数

 

コメント

コーヒー・犬好きのB型。 

 

学生時代、最初は解剖生理学的な鍼に興味がありました。

 

東洋医学的な鍼に目覚めたきっかけは、慢性委縮性胃炎と診断され、「コーヒーは飲んじゃ駄目」と言われたのが始まりです。  

 

それ以来、自分の体調不良をツボで治すようにしています。 

 

 

 

→ホームへ